【4月11日】YouTubeを更新しました。

ここから再スタート!

こんにちは。ヨーすけです。

2021年1月25日に左腎の全摘手術を受け、本日無事に退院することができました。入院期間は手術前後含め10日間。本来2週間程度を予定していましたが、経過良好のため早めに帰ることができました。明日からしばらくはお休みをいただき、4月の初め頃に職場復帰する予定です。

昨年9月の初めに突然判明した腎臓のガン。しかも発覚当時には手術困難な進行ガン(状況から推定するとステージ4)でした。

判明から現在まで約5ヶ月間、治療に際して関わってくださった医師や看護師、病院のスタッフの方。Twitterやブログ、YouTubeのコメントで経験談や励ましの言葉を書き込んで応援くださった方。通院の付き添いや生活面で支えてくれた家族。病気を告げても変わらず楽しく接してくれた親友たち。そして僕の病気に対する不安を、強い心で包み込んでくれて、精神面で大きく支えてくれた恋人。たくさんの支えがあってここまでやってこれました。

もちろん、今回の手術で全てが終わったわけではありません。現在は手術で腫瘍を全て取り除き、体からガン腫瘍がなくなったとされる【寛解】という状態に一応はなりますが、再発・転移の可能性が残っていますので、今後も定期的な検査を行っていきます。

ガンは原発の腫瘍を無くすことで生命を脅かすリスクを減らしますが、それでも10年単位で再発の恐れがあります。治療開始時点で進行度が高い場合はさらに可能性が高まるでしょう。(特に僕が患った腎癌は15年経ってから転移したというような事例も、他臓器のガンに比べて多く上がっているそうです。)

病気が判明する前は、28歳にしてガンを患うなんて思ってもみなかった人生でした。調べてみると、もっと若い年齢で大きな病気を患っている人がたくさんいるんですね。ドラマや小説で実話として題材にされてそう言う人がいることは知っていたけど、自分にそれが降りかかるなんて思いもしなかった。

通院治療室の受付で何十分も待つくらい、通院で抗がん剤治療を受ける人が多いことに衝撃を受けた。今まで自分がどれだけ平和ボケをしていたのか…大いに知らされました。

ありきたりかもしれませんが、今回ガンになって学んだことがたくさんあります。病気なく健康に過ごせることの大切さ、病気になった時どうしたらいいか等の生活していく上での知識など。

今後寛解期間が伸びるごとに平和ボケが戻り、学んだ末の思いは薄れていくかもしれません。それでも、今まで一度も将来について考えもしなかった自分が、こうやって自分の健康や人生について考えられた…そんな機会を与えてもらえた、良いきっかけであったのかもと思います。

(もちろん、病気にならなかった方が良かったです。健康であることが一番!)

だからこそ今後は出来る限り、今回経験したことを自分の中で薄れさせないためにも、こうやっていろいろな場で積極的に発信していきたいです。

今回受けた手術について少し触れますが、一番心配していた「麻酔への恐怖」に関しては全然大丈夫でした。もう【吸って→すぐ寝て→すぐ起きて→痛い!】って感じでした(笑)

「眠くなるお薬を入れますからねーゆっくり深呼吸してくださいー徐々に眠くなってきますよー」って言われてから体感5秒で遠のく意識。そして次の瞬間にはさっき見ていたのとは別の天井。ネットで調べると出てくる【全身麻酔はタイムスリップした感覚】ってこういうことなのか…と身をもって実感したのでした。

痛みに関しては術後すぐは複数の痛み止めを使っていたからか、思っていたよりも大丈夫で「あれ、案外大丈夫やん」と思っていましたが、痛み止めを減らしていった術後2〜3日目が体感で1番辛かったです。もちろんその都度看護師さんにお伝えして、痛み止めを増やしてもらったり対処はしてもらっていたんですが、なかなかにキツかった(笑)

手術翌日から少しずつ歩くようになったんですが、経験された方皆さんがおっしゃる通り、歩けば歩くほど翌日自分の体が回復している実感があり「人体ってすげえ…」と驚きましたね。ICUに入ったばかりの頃の心境を思い出すと、本当に回復スピードが想像以上でした。

術後10日ほど経った今では少し動作の遅れはあれ、日常生活を普通に送れるようになっています。ただ咳やくしゃみ、大声で笑う、鼻をかむ…などのお腹に力が入る動作にはまだ少し痛みが伴いますので、回復力をアップさせるためにも今後のリハビリ(ウォーキングから徐々に軽いトレーニング)を頑張っていきたいと思います!

約5ヶ月間行ってきたガンの治療。今回の手術で一旦終了とは聞いていますが、すぐに再発する可能性もゼロではないです。進行度が高かったのもあって、再発の可能性も高いかもしれませんね。

でももしかしたら、今後何十年も再発なく過ごせることもあるかもしれない…今まで死を意識していた自分がそんな希望を持てるようになったから、とりあえずは一区切りです。

今後自分の人生を振り返った時、今回の治療生活は間違いなく僕にとって人生のターニングポイントと言えるでしょう。ここから第二の人生が始まると思って、人生再スタートの気持ちで精進していきたいです。

ひとまずお疲れ様、自分。

コメント

  1. あせらず、ゆっくり。
    お仕事も大事だけど、ご自身の健康を一番に。

    あとは、彼氏さんとイチャイチャしてくださいw

    • tomoさん
      ありがとうございます!
      彼と一緒に過ごせる時間を大切にして、自分のペースで回復に努めます!

  2. ヨーすけさん、5yearsでコメントしましたEriです。
    治療は、今回の手術で一旦終了なのですね。
    良かった!
    人生再スタート、おめでとうございます!

    • Eriさん
      その節はコメントをいただき、ありがとうございました。とても為になりました!
      一旦終了と言えど気は抜かずに、今回学んだことを活かして邁進していきたいです

タイトルとURLをコピーしました