【4月11日】YouTubeを更新しました。

(超個人的な)激動の2020年を振り返る

こんにちは。ヨーすけです。

2020年も残すところあとわずかですね。皆さんは年末年始には大掃除をするタイプですか?それとも、日常的に掃除をしているからその必要はないタイプですか?

僕は毎年少しだけ手を出しては途中で投げ出し、「来年からは習慣的にこまめに掃除しよう」と心に決めては結局その目標は達成せずに、毎年同じことを繰り返しているタイプです。(いっそミニマリストになりたい…。)

さて、今回は年末のブログあるあるの「その年に起きたことを振り返る」ってやつをやります。

2020年はコロナウイルス流行がありましたから、どんな方にも変化の年だったとは思いますが、僕にとってはコロナ以外にも色んなことがありすぎて、今まで波のない人生を送ってきたので今年は個人的にはかなり激動の1年でした。

台湾で年を越し、28歳になる

2019年の大晦日から2020年の正月にかけて、彼氏と台湾旅行に行っていました。海外は高校の修学旅行でニュージーランドに行ったことがあるだけで、プライベートでの海外旅行は初めてでした。

彼氏という存在が人生で初めてできてから約半年後、恋人と過ごす初めての旅行。そして海外で過ごす年越しも初めてで、はじめて尽くしで新年を迎えました。

2019年末くらいからこの頃までは、中国の一部で未知のウイルスが存在したとニュースでちらりと報道されていた記憶はありますが、当時はまさか世界がこんなことになるなんて思いもしませんでしたね。

台湾は本当に素晴らしい国でしたし、観光名所もまだまだ回りきれていないので、コロナが落ち着いたらまた旅行しに行きたいです。

そして1月は僕の誕生月で、27歳から28歳へと変わった月でもありました。28歳になった感想は(25歳の頃から毎年実感していますが)「30歳まであと2年なんて…」と30歳になることへの不安がまずやってきました(笑)

年を取ることが怖いわけではないし、素敵なおじさまになることへの憧れもあるけれど、自分が想像していた20代後半像と現実の自分との差が激しすぎて、果たして自分が思う理想の30歳になれるかどうか?という不安が強いです。

うまく説明できないのですが、漠然と30歳という節目に対して不安を抱えています。20歳の時には何も感じなかったんだけどなぁ…まぁ30歳になったらなったで、それを受け入れるしかないし、精神面もどうとでもなるんでしょうけど(笑)

個人的には27歳になって初めて正社員として就職したり、初めて恋人ができたり等…少しずつですが「なりたい自分像」に近づけていた段階で28歳を迎えたので、これからも少しずつステップアップしていって、やがてやってくる30歳を素敵に迎えたいなと思います。

コロナウイルス流行、そして陽性

1月、2月の段階では最近ニュースでよく見るなと思っていた「コロナウイルス」というワードが、3月になって一気に世界を脅かしていきましたよね。

最初に日本で感染者が出た時は「SARSみたいな感じになるのかなぁ。怖いなぁ。」と思っていたんですが、それ以上でしたね。

僕の働いている会社でも全社員テレワークや休業になったり、業績が悪くなったりとかなりの影響を受けました。現在でも出勤人数を減らしたりと、約9ヶ月経った今もその影響は続いています。

そして僕自身もコロナウイルス陽性になり、それにより病気の治療が遅れたというショッキングな出来事もありました。その時の様子はこちら↓

まさか自分が感染するとは思ってもいませんでしたし、検査結果を聞いた時はすごく動揺しました。

PCR検査陽性になった当時は無症状でしたし、3ヶ月程経った今でも症状はありません。当時の検査結果が偽陽性だったのではという疑惑もありますが、今後も感染防止や健康には気をつけていきたいと思います。

今では外出時マスクをしてない人の方が珍しい世の中。来年の今頃は、どうなっているんでしょうね。

個人的には音楽ライブや、野外イベントなどが開催されない(開催されても歓声等が制限されている)状況が続いているのが悲しいので、少しでも早く元の日常が戻ってくることを祈ります。

来年はロハスフェスタとロックフェスに行けたらいいな〜。

1周年記念を迎えるも、プチ倦怠期に

今付き合っている彼とは7月が記念日で、今年は初めての記念日でしたが、その日を晴れやかなムードでは迎えられませんでした。(一応記念日当日は会って、ケーキを買ってお祝いはしたんですが。)

なぜなら、2人の仲でプチ倦怠感を迎えていたからです。

詳しいことを言うと生々しくなってしまうので割愛しますが、(基本は平穏に付き合ってはいましたが)性生活の相性や価値観の相違で少しぎくしゃくした期間がありました。

お互いに【普段はカップル間での問題を話し合わないタイプ】なので、気持ちがすれ違ってしまって(僕の病気が発覚する前で、体調不良だったのも重なって)会わない期間が続きました。

このままではダメだと彼を呼び出し、深夜の車の中で3時間ほど話し合い気持ちをぶつけ合って、お互い気持ちの折り合いをつけて結果的には仲直り。ギクシャクしてた関係も良くなって幸せな日々がやってくる…と思いきや、その直後に僕に大きな病気が発覚します(笑)

病気が発覚したことで、2人の仲はさらに深まることになるのですが、良いのやら悪いのやら…とにかく今は彼に支えられっぱなしなので、早く健康になって恩返しがしたいです。

2周年は健康に、そして仲良く迎えられますように。

ガン発覚。闘病生活開始

1番大きな出来事はやはりこれですね。今まで大きな病気をしたことはなく、入院はおろか病院にお世話になったことなんて片手で数えられるくらいだった自分が「まさかガンになるなんて」と、今でも思います。

発覚する数ヶ月前から謎の体調不良が続いて、症状を調べては白血病やHIVを疑い、日々不安に過ごしていたのを覚えています。

病気発覚に至る経緯までのエピソードはこちら↓

発覚した時はしばらく受け入れられなかったし、死への恐怖に囚われた日もありました。でも今では治療も順調に進み、前向きな気持ちになれています。

元々悩み事を引きずることもなく寝たら忘れるような楽観的なタイプだからと言うこともありますが、恋人や友人に支えられて治療生活も毎日楽しく過ごすことができています。

僕の状況をネットで調べると悪い情報もたくさん出てくるけど、とにかく今は現代の医療を信じ、できる治療を受け、流れに身を任せるのみです。

ガン患者になってまだ3ヶ月ですが、得られたものもたくさんあります。健康な体のありがたさについて身をもって実感したし、今までダラダラと生きてきた僕が人生について真剣に考えるようになった。

病気を乗り越えて健康な日々がやってきた時、もしかしたらそれが当たり前になってしまって、また人生をダラダラと過ごす自堕落な自分に戻ってしまうかもしれない。

でもこの歳で自身の健康のことや人生について、一度でも真剣に考えられたのは良かったと思うし、これからの人生に絶対活きてくると思う。

まだ治療は終わってないし、治ったとしても再発・転移の可能性と10年以上付き合っていく必要があるけれど、「あの時ガンになって良かった」と思えるようになりたい。今そう思えているだけでも、ガンになって良かったことはあったのかもしれない。

今は年明けに待ってる手術を無事に終え、1日でも早く元気に日常生活を送れるように、頑張るのみです!

ブログ、YouTubeを始めた

開始してからまだまだですが、ガンをきっかけにブログとYouTubeを始めることができました。

実はガン発覚前からうっすらと始めたいと思っていたんです。今ではガンの闘病関連がメインとなっていますが、ゲイ(セクシャルマイノリティ)関連を題材として何か発信する立場になりたいなと思っていました。

ほとんどのゲイの方がそうだとは思いますが、僕も実生活ではカミングアウトはほとんどしておらず、ノンケ(異性愛者)を装って生活しています。僕自身は会社や家族などに対して、無理にカミングアウトをしなくてもいいし、できることならなるべく波風を立てたくないと思っているタイプの人間です。

それでもどこか、ゲイである自分を解放して生きていきたいと言う思いもあったりします。(面倒くさい人間ですよね笑)

だから自分のセクシャリティを隠すことなくテレビで活躍されているオネェタレントの方や、ゲイを公表して人気を得ているYouTuberの方をとても羨ましく思うんです。

「自分の体験によって救われる誰かがいてほしい」というよりも、「自分が体験してきたことを誰かに賛同してほしい」という気持ちの方が強いですが、そのついでに救われたり楽しんでくれる誰かが少しでもいてくれたらいいなと思います。

ガンがきっかけになってくれたけど、このブログやYouTubeはゲイとしての気持ちも残していけたらなと。

若いガン患者のブログって今は珍しくないけれど、それにセクシャルマイノリティって要素が加わるだけでかなり限られてきます。

来年はマイペースにはなりますが、ゲイの若いガン患者と言う立場でさまざまな情報を発信していけたらと思うので、気になるトピックスがありましたらぜひ目を通してやってください!

来年の目標、豊富

ガンの治療を無事に終え、仕事に復帰することが1番ですが、マラソンにも挑戦したいと思っています。

マラソンはガンになる前からずっとやりたいと思っていたんですが、「来年でいいや」を毎年繰り返し結局できずにいました。

そんな考えは健康な体が来年も続いていると言う前提でのことで、ガンが発覚してそんな保証は一切ないんだと思い知らされました。やりたいことがあるなら、すぐに行動しないと後悔する日がやってくるかもしれない、と。

だから治療が終わって運動できる時が来たら、まずはマラソンに挑戦したいです。

あとは2021年は29歳になり20代ラストの年となりますので、30歳を迎える前に外面も内面も磨いていきたいです。そのためにまず、日常的にこまめに掃除をできるように頑張ります(笑)

それでは皆さん、良いお年を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました